シードスターズ:直筆サイン豆知識

日本のメモラビリア市場を創る第一人者。直筆サイン証明システム特許取得。筆跡鑑定による200%返金保証。【日本で唯一、サイングッズの価値を特許の力で守れるのはシードスターズ】 ホームページ【www.ceedstars.jp】 ツイッター【https://twitter.com/ceedstars】

シードスターズ:直筆サイン豆知識 イメージ画像

更新情報

最新のPSADNA社証明書より1つ前の世代ですが 様々な精巧な作りの偽証明書、偽シリアルナンバーが次々と出回っております。 偽PSADNA社証明書例:PSADNAに鑑定されたとされるエズラ・ミラーのジャスティス・リーグポスター こちらのPSADNA社のもの見られる証明書とシリアルナ
『偽PSADNA証明書、偽シリアルナンバーの例』の画像

「サイングッズの購入を検討しているが、偽サインを買うリスクは避けたい。高いリスクを取る前にプロに簡易鑑定で意見を確認したい」「持っているサインが本物か真偽を確かめたい」という方にご利用頂いている利益を除外視した1100円のサービスです。大変多くの方にご利用頂
『【リモート鑑定】お客様からのお声【1100円】』の画像

東スポさんに偽サインについて取材頂き、記事にしていただきました。取材を頂いた際はまさかトップを飾らせてもらうとは思ってもいなかったので大変驚きました。ありがとうございます。偽サインの身近さが伝わり、1円の価値もない偽サインを高額で買わされる被害者を少しでも
『東スポさんに取材頂きました。【羽生結弦選手の偽サインについて】』の画像

松山英樹の偽サインが多く出回っておりますのでご注意下さい。付属するベケット社シリアルナンバーも証明書も「完全に偽物」です。シリアルナンバーを隠していても見る人がみれば様々な要素から偽シリアルナンバーということが分かります。落札履歴を見ると既に多くの方が偽
『偽JSA、偽ベケット社証明書の例。松山英樹選手偽サイン。』の画像

シードスターズの商品画像をそのまま盗用し、 在庫が無いにも関わらず廉価で販売し、入金後、商品を送らず連絡が付かなくなるという詐欺が多発しております。 【詐欺サイト1】 https://www.practicalpackage.top/ 【詐欺サイト2】 https://lend.lossserve.xyz/ https://len
『弊社の商品画像を盗用し商品を送らない詐欺サイト』の画像

【シードスターズ:リモート簡易鑑定】ネット上には「多くの偽サインと価値の無い証明書」で溢れかえっており、購入者が安心してサイングッズを購入できない市場となっております。「サイングッズの購入を検討しているが、偽サインを買うリスクは避けたい。高いリスクを取る
『【ネット上】リモート簡易筆跡鑑定サービス【1100円】』の画像

コロナの影響により日本郵便EMS航空便がサービス停止しておりましたが、2021年6月より航空便が再開し、それに伴い鑑定代行サービスも再開いたしました。コロナ期間中多くのお問い合わせを頂きましたが、ご対応できず申し訳ございませんでした。またご利用頂ければ幸いです。
『PSADNA社筆跡鑑定代行【再開致しました】』の画像

お客様より今後同じような被害にあわれる方が出ないようにとの強いご要望がありPSADNA社の鑑定結果を報告させていただきます。販売しているサインがPSADNA社の鑑定に一度も受かったことの無い偽サインの販売業者の詳細になります。ヤフオク偽サイン販売業者:peacesign_memor
『偽サインの販売業者:お客様からの報告②』の画像

その①では「1人の鑑定士や企業の独断で証明書を発行できる仕組みの証明書付きサイングッズ」は著名人との直接契約が無い限り避けるべきとの内容を実例と共にご説明させていただきました。極端な話、証明書と言えどペナルティやチェック体制が無ければ、証明書は印刷をする
『PSADNA社鑑定に落ちる注意すべき証明書。シードスターズ真正証明書との違い ②』の画像

ネット上にはサイングッズを証明するとされる証明書で溢れており、どの証明書がどのように効力があるのか分かりません。結論としては、「1人の鑑定士や企業の独断で証明書を発行できる仕組みの証明書付きサイングッズ」は著名人との直接契約が無い限り避けるべきです。なぜ
『PSADNA社鑑定に落ちる注意すべき証明書。シードスターズ真正証明書との違い ①』の画像

直筆サインが資産になる本場のアメリカでは証拠となる写真すら偽造することもあります。オリジナル詐欺加工後サインのされている対象物を加工までして入れ替えてしまうのです。詐欺業者はペンと紙さえあれば、数万円に化けるものを販売しておりますので、あの手この手を使っ
『サイン現場証明写真の偽造の例。偽造証明写真の見分け方。』の画像

米国コレクターの間で主にMLBボール用に使われるサインペンを4つ挙げるなら Bic Pro+ Staedtler Lumocolor (fine) Uniball JetStream Bic Crystal の青ボールペンと前編で書かせていただきましたが、 上記の4社のペンの中でどれが一番MLBボールに適しているのか興味深い実
『【MLBボールに適したサインペン】② ~インクの耐久性検証』の画像

MLBボールは馬の革で作られており、表面は乾いた感じで滑りますので、 ペン先が滑らなく、インクが滲む、ボールに染み込む事なく、 太陽の光に比較的強いボールペンを選択する必要があります。 米国で開催されるサイン会やファンが用意する野球ボール用ペンに なぜ青色イン
『【MLBボールに適したサインペン】① ~黒ではなく青いペンを好む理由』の画像

カードにサインを貰う際にどのメーカーのどの種類が良いのか 多くの方が迷うと思います。 カードの表面は通常光沢加工等もされており、速乾性がなければもらったサインが擦れたり滲んだりと、やっとの思いでサインを貰った後に悲劇に変わる可能性があります。。 カードにサ
『【カードへのおすすめサインペン】』の画像

過去に鑑定させていただいたメジャールーキー年大谷選手の本物直筆サインのデータベースの一部です。上の写真の様な丁寧なフルサインと以下のようなMLBシーズンスタート後に見られる背番号や点を省いた簡易型サインの2種類が現在見受けられます。以下のサインバットは米国の
『偽ベケット社証明書にもご注意を。大谷翔平選手偽サインとの比較。』の画像

↑このページのトップヘ